ハゲていてもかっこいい有名人

ハゲてもかっこいい人の特徴 - ハゲていてもかっこいい有名人

ハゲていてもかっこいい有名人 > ハゲてもかっこいい人の特徴

ハゲてもかっこいい人の特徴

ハゲてもかっこいい人の特徴は、2つに分けられます。
ハゲをものともしないほどかっこいいか、ハゲているからこそかっこいいか、です。

たとえばハリウッド俳優のブルース・ウィルスさんです。
彼はまさに世界で一番かっこいいハゲオヤジといえる存在かもしれません。
ブルース・ウィルスさんはもともとイケメンです。
まだ髪の毛が豊富だった若いころから、まごうことなきイケメンだったのです。
そのイケメンぶりは、おでこが後退しても衰えることはありません。
むしろ渋さが増して、以前よりもかっこいいと思う人も多くなっています。
まさにハゲをものともしないかっこよさと言えるでしょう。

渡辺謙さんも、ハゲをものともしないかっこよさでしょう。
髪があっても、髪がなくても、イケメンですよね。
髪があるときはあるときのかっこよさ、ないときはないときのかっこよさ、まさに無敵のハゲオヤジと言えるでしょう。

逆にハゲているからこそかっこいい人とは、ハゲをアイデンティティとしている人でしょう。
今大人気の芸人さんであるトレンディエンジェルのお二人なんかは、分かりやすい例でしょう。
ハゲているから、そのハゲを押し出したから、彼らはM1グランプリというお笑い業界の栄誉賞を受賞できたのです。
ハゲていることを悩み、人前に出ることもためらってしまう人も多いですよね。
しかし彼らはその真逆の行動をとったのです。
彼らは決して、ブルース・ウィルスさんや渡辺謙さんのように、ルックスがかっこいいわけではありませんよね。
でもハゲを受け入れるどころか、自分の武器としてしまうその生き様は、とてもかっこいいです。

芸人さんにはトレンディエンジェルのお二人のように、ハゲを自分の武器としている人たちが多いですよね。
ブラマヨの小杉さん、ペナルティのワッキーさん、ナイナイの岡村さんなど、自分のハゲをネタにして、大爆笑をかっさらっていきます。
こういった芸人さんたちは皆、ハゲているからこそかっこいい生き様の人たちと言えるでしょう。

top